Blog

現場進行中ブログ
カテゴリー
過去のブログ

現場進行中ブログ

外壁下地について

2022.06.29

こんにちは、大柿です。

梅雨も終わりを迎え、突然暑くなりました。

7月前とはいえ、日中の気温は高いです。

これからさらに暑くなると思うので、熱中症が怖いです。

なので、水分補給はしっかりしていきたいと思います。

 

さて、

今回は外壁の下地に関して紹介していきます。

エムズでは外壁の下地に通気胴縁と外部用の胴縁を使用しています。

どちらもサイズ自体は20×40ですが、通気胴縁は胴縁が半円に切り欠かれています。

写真のように一定の間隔で切り欠かれています。

こちら、何故切り欠かれている通気胴縁が使用されているのかといえば、外壁内に空気の通り道を作るためです。

では何故空気の通り道が必要なのかというと、万が一外壁内に入った雨水を排出するためと湿気を外壁内にこもらないようにするために使われています。

こちら、たとえ横向きに空気の通り道を作ったとしても胴縁に阻まれて雨水が排出できませんし、湿気も空気の通り道が横向きでは外壁に阻まれて外に逃げることができません。

ですので空気の通り道は全て、縦向きになるように下地が施工されています。

とはいえ縦向きに胴縁を取り付ける場合は空気の通り道ができるため、通気胴縁を使う必要はありません。

 

今回紹介した外壁の下地ですが、なぜ2種類使用しているのかと言うと、外壁によって下地を使い分けているからです。

エムズでは外壁はいくつか種類があり、オメガ、そとん壁、ガルバ、板張りなどが使われています。

こちらは外壁によって胴縁の向きを変える必要があるため、エムズでは胴縁が2種類使用されています。

外壁に合わせて下地を取り付ける以上、空気の通り道を作るためにも2種類の胴縁は必要です。

 

―–株式会社エムズアソシエイツは、注文住宅 高気密高断熱の専門工務店 です。—―

 

断熱気密リフォーム・リノベーションもお任せください。

 

施工範囲 → 車で一時間圏内(高速道路除く) / 岐阜県:岐阜市 各務原市 瑞穂市 大垣市 羽島市 岐南町 笠松町 関市 美濃加茂市 可児市(一部) 多治見市 美濃市 大野町 池田町 揖斐川町(一部) 御嵩町 富加町 坂祝町 八百津町 神戸町 安八町 輪之内町 不破郡垂井町 養老(一部) 北方町 本巣市(一部) 山県市 海津市(一部) *恵那市 *中津川市 *郡上市(一部)/ 愛知県:*名古屋市 一宮市 北名古屋市 小牧市 稲沢市 *春日井市 *岩倉市 江南市 扶桑町 犬山市 大口町 *清須市 *津島市 *あま市 *愛西市(一部) *尾張旭市 *長久手市

*印のエリアでは、高速割増料金がかかる場合があります。詳しくはお問い合わせください。上記以外のエリアにつきましては別途ご相談下さい。

 

▲▲エムズの今までのスタッフブログもぜひチェックお願いします♪

<  次のブログ

資料請求・ご質問などお気軽にお問い合わせください

7月の定休日は10日(日)です。

受付時間 9:00~18:00

メールの返信まで2~3営業日かかる場合がございます。
(モデルハウスのご見学は水・木・定休日はご遠慮いただいております。
また、水・木・定休日はご予約のお問合せにつきましてはご対応できかねる状況でございます。ご了承くださいませ。)