TOP>DESIGN×工務店
Design×工務店

Design×工務店®とは?
デザイン設計を得意とする工務店のことを指す独自の商標です。
作り手である工務店がデザイン設計のサービスの提供、さらには資金やローンの相談もすることが出来れば、家を建てたい方にとってのワンストップサービスが実現できます。そんな考えの基にDesign×工務店の商標登録を実施いたしました。
なぜ Design×工務店® なのか?
以下、分かりやすくcase by case におけるメリットを紹介していきます。


case1

建築設計事務所に設計を依頼し、工事は工務店に依頼する場合

建築設計(デザイン)事務所と建築業者各々2つの業者と細かな打ち合わせをし、各々と別契約しなければならない。

Design×工務店®なら

設計~工事完了まで窓口が一つで済み、時間的・精神的負担の軽減を計ることができる。


case2

建築設計事務所に設計を依頼する場合

通常、建築設計事務所の費用の相場は建築工事費の10%です。2000万円の家を建てようと考えれば、別に200万円の設計費用が必要となり、合計2200万円となります。

Design×工務店®なら

あくまでも建物を建ててその対価をいただく「工務店」として営業しております。
設計~工事完了までを一貫して行いますが、基本的に設計デザイン料・設計監理費はいただいておりません。
確認申請図面作製費 確認申請費用 印紙代 経費のみを工事の諸経費の中に計上するシステムをとっております。
例・建物2000万円の場合の設計経費≒50~100万円(木造2階建・延べ床50坪までの場合)
注意:価格以上の価値を生み出すすばらしい設計事務所も存在します。


case3

ハウスメーカーに依頼する場合

ハウスメーカーに頼めば同じように設計~工事完了までお世話をしてくれますが、主に企画部材の組み合わせなので自由度に制約があります。
加えて担当者は営業/設計/工事とそれぞれ違う社員がうけもつのも特徴のひとつです。
工事に関しては、別組織である子会社や地場の工務店が一括して請け負うケースもあります。
そうなるともうお分かりでしょうが、2つの会社が利益を出そうとすれば・・・?
ただでさえ、モデルハウス・宣伝広告費・大きな事務所と販売経費をかけている分、価格にはそれらが反映されてきますよね。
注意:ハウスメーカーにも工務店には真似できない良い点はたくさんあります。

Design×工務店®なら

地場工務店が得意とする分離発注形式(各工事種目、各材料を大きな外注先に一任せずに、自分たちで全てを発注、管理する形態)をとっており、一括発注に比べおよそ2割以上のコストを抑えることができます。
それができるのが工務店の証です。


case4

なんだかんだ言っても、結局は工事のことしか考えていないんじゃ・・・?

最初から信用しろと、無謀なことはいいません。一度相談していただき話す機会をいただければデザインに対する熱意は分かっていただけると自負しています。
もともとはデザイン事務所として創業しました。図面を書いて後は現場任せ、という姿勢に疑問を抱きながら、現場でのものづくりの楽しさ、奥深さに惹かれ、設計施工が最良のスタイルだと確信し行動してこのカタチに辿り着きました。
だからデザインにはプライドをもっています。



お問い合わせ・ご相談はこちらから